雄別でのアルコール事情

エピソード集で「なにかにつけてお酒を飲む」とありましたので、30数年前のアルコール事情をお話しましょう。

雄別商事の売店で販売していた日本酒は種類が少なく「北の誉」と「福司」だけだったような記憶があります。当時は今のような純米・吟醸といった区分ではなく、特級・一級・二級という区分でした。もちろん購入していたのは二級でしたよ。

ウイスキーも安いものしか買わず、贅沢したい時に買ったのが「レッド」で、これは今でもありまして酒店の棚に並ぶレッドをみると若かった時を思い出すものでした。「サントリーの角瓶」などは飲んだ後捨てないで飾ってました。

二級酒よりも安いものがありました。焼酎です。今は焼酎の税率が日本酒並みになってるため、乙類焼酎は価格も日本酒並みや日本酒よりも高いものさえあるようになりました。当時は焼酎メーカー保護として焼酎の税率が極端に低かったことから、大変安いものでした。

私は焼酎をはじめて飲んだのは雄別時代でした。今では焼酎ブームによりウーロン割りとか○○割りと、女性でさえ一般的に飲んでおりますが、当時は焼酎の地位は低くまさに労働者のお酒でした。

はじめて焼酎を飲もうとすると「グッ」とくるあの独特の匂い(芋か麦しかなかったのです)と、余りの強さに口にあいません。そうすると「割ったほうが飲みやすい」と言われました。そうなんです!みんな湯飲み茶碗に注いだだけなのでした。今でいうストレートです。「日本酒はそのまま飲むだろう。焼酎も同じさ」という説明です。年取った今でもあの口調と声は忘れませんよ。とにかく匂いと濃さに降参して割ってもらうこととしました。

そこで問題です。なにで割ったと思いますか? 正解しても何もあげません。

1  水
2  湯
3  湯と梅干
4  茶

割るものとして持ってきたのは急須。急須の中のお茶を焼酎が入ってる湯のみ茶碗のなかに注いでくれたのです。4分ほどでしょうか。後年、お湯割り梅干・ソーダ割他いろいろな割りを飲みましたが、雄別の「お茶割り」と比較して、なんとうまかったことでしょうか。雄別閉山30数年、いまだ「お茶割り」は試す気はしませんね。