関脇、明歩谷さんから電話

ある年の正月に電話がかかってきました。

「明歩谷です。」

「いま父は不在です。」と私は答えました。

・・・帰宅した父は「来なくてよかった。正月料理をぜんぶ食われてしまう。」