9.戦時中の尺別

僅か3ヵ月に空襲警報が何度かあり、根室本線尺別駅近くの製塩工場・音別(駅)寄りの防空施設(電探 高射砲)・尺炭線走行中のSL等、グラマン機上艦載機の機銃攻撃を受けた。厚岸の海軍燃料タンクも攻撃を受け、数日間炎上した。B29の10機以上の編隊が、上空を通過後に空襲警報発令されたり、学校も警戒警報発令で山に沿った小道を集団下校し、家に帰ると谷間の防空壕へ。そして終戦。