雄別の年表

大正8年  芝義太郎、宗像政蔵「北海炭礦鉄道株式会社」を創設(資本金300万円)

大正9年  雄別ー釧路間の鉄道敷設工事及び開坑作業に着手。
大正12年 鉄道工事完成。本格的採炭並びに営業開始。礦業所附属、私立雄別尋常小学校設立。
大正13年 三菱鉱業株式会社の経営下に吸収合併され、社名を「雄別炭礦鉄道株式会社」大祥内に「雄別尋常小学校大祥内分教場」を設置。
昭和2年  動力源に電力を導入。炭礦の機械化が急速に進み、出炭量が倍増する。

昭和8年  大祥内でガス爆発。5名死亡、多数のけが人を出す。

昭和9年  大水害に見舞われ、大祥内で炭住5戸流出。

昭和13年 雄別通洞完成。諸設備をここに集約。
昭和16年 出炭量66万トン(従業員2,200人)を記録。戦前の最盛期を生む。太平洋戦争勃発。勤労報国隊の入坑始まる。
昭和19年 政府の命により従業員と設備の一部を九州の三菱系炭礦へ転換。採炭操業中止。

昭和20年 敗戦と共に操業開始。雄別炭礦労働組合結成。

昭和21年 財閥解体により三菱鉱業株式会社から分離独立。

昭和22年 古潭地区に炭住街建設工事開始。

昭和23年 従業員3,000人突破。

昭和25年 朝鮮動乱勃発。特需景気に乗る。

昭和26年 出炭量58万7,000トンを記録。

昭和27年 賃上げ要求による労働組合の63日間スト。

昭和28年 最初の人員整理により、839名が希望退職。

昭和32年 雄別ー釧路間にディーゼルカー運行開始。

昭和34年 経営合理化により、鉄道部門を分離。社名を「雄別炭礦株式会社」と変更。

昭和35年 第二次人員整理により、200名が希望退職。

昭和36年 購買部門を分離、「雄別商事」設立。

昭和37年 石炭政策転換、中央動員始まる。
昭和38年 工作課を分離、「雄別工作所」設立。資材課を分離、「雄別興産」設立。雄別ー釧路間に雄鉄バス運行開始。上茶路礦開発。
昭和39年 出炭量72万6,000トン(開坑以来の最高)を記録。(従業員1,241人、出炭率49.5(t/人・月)
昭和41年 山花ー仁々志別間に雄鉄バス運行開始。

昭和44年 4月茂尻礦ガス爆発事故、再建計画により企業分離を行なったが昭和49年9月閉山。
昭和45年 尺別、上茶路と共に企業ぐるみ閉山(2月27日)。雄別鉄道廃止(4月15日)

平成19年11月30日 雄別炭礦関連遺産が、経済産業省の「近代化産業遺産群33」に認定される。