炭礦施設-北進昇

北進ほくしんのぼりは「上のはらい(本層上炭・本層下炭)」と「下の払(下1番層・下2番層)」の2ヵ所の払があった。採炭機械は積み込み機械として、イギリスから輸入した「トレパーナ」を使用していた。
北進昇の坑口へ行く道は迷いやすく、遭難の危険があるため行き方については非公開とする。

北進昇総排気坑口

排気扇風機の土台が残っている。坑口の側面を見ると傾斜している。

<GPS座標及び高度等> 測定日時:平成23年10月10日 午後2時10分
北緯:43°13′54.3″ 東経:144°02′29.7″ (GPS誤差:4m)
高度:513m  気圧:952.49hPa 天候:曇  風の強さ:弱  坑口内径:230㎝

北進昇総排気人道坑口

斜面に坑口がある。

<GPS座標及び高度等> 測定日時:平成23年10月10日 午後2時39分
北緯:43°13′55.5″ 東経:144°02′28.2″ (GPS誤差:10m)
高度:497m  気圧:952.98hPa  天候:曇  風の強さ:弱 坑口内径:250㎝

北進昇ロープ坑道坑口・巻座

坑口の手前に巻揚まきあげの土台がある。坑道上部のコンクリートが劣化しており、転落の危険があるため上がらないこと。

<GPS座標及び高度等> 測定日時:平成23年10月10日 午後2時25分
北緯:43°13′57.8″ 東経:144°02′28.4″ (GPS誤差:9m)
高度:490m 気圧:954.28hPa  天候:曇  風の強さ:弱  坑口内径:300㎝

シェアする

フォローする