炭礦施設-村井-然別炭礦

しかりべつ炭礦たんこうは昭和31年~昭和45年、雄別炭礦の採掘残炭部分をむら炭礦が引継ぎ、採掘「こう」した。昭和45年2月の雄別炭礦閉山に続き、然別炭礦も同年10月に閉山となった。
然別炭礦への行き方は遭難の危険があるため非公開とする。当時は経路途中に火葬場があったが痕跡は残っていない。現地でヒグマの糞を見たことがあるので十分注意すること。
ベルツナイ川は通称「水車の沢」と呼ばれていた。

然別炭礦選炭場

選炭は完全に撤去されているが、斜面に然別炭礦連絡れんらく坑道こうどう坑口が見える。

<GPS座標及び高度等> 測定日時:平成25年4月21日 午前11時03分
北緯:43°12′20.0″ 東経:144°03′52.7″ (GPS誤差:2m)
高度:138m  気圧:997.59hPa  天候:曇  風の強さ:中

然別炭礦連絡坑道坑口-1

坑口の手前にトロッコの軌道があった。

<GPS座標及び高度等> 測定日時:平成25年4月21日 午前10時53分
北緯:43°12′21.0″ 東経:144°03′50.2″ (GPS誤差:4m)
高度:148m  気圧:996.45hPa  天候:曇  風の強さ:弱

然別炭礦連絡坑道坑口-2

坑口からの湧水はベルツナイ川には流れず、坑口の下で浸み込んでいる。

電車庫・ズリ山

ズリ山の中段に電車庫があり、このレベルから坑口までトロッコの軌道があった。坑口の上に道があり、道なりに右へ進むと電車庫のズリ山頂上に出る。さらに道なりに進むと裏側にもズリ山がある。

然別炭礦ズリ山

<GPS座標及び高度等> 測定日時:平成25年4月20日 午後2時28分
北緯:43°12′28.6″ 東経:144°03′54.2″ (GPS誤差:2m)
高度:202m  気圧:984.34hPa  天候:曇  風の強さ:弱

雷管庫

ベルツナイ川の右岸に雷管らいかんが残っている。周囲は有刺鉄線で囲まれていた跡がある。ベルツナイ川の増水時に渡るのは危険。

<GPS座標及び高度等> 測定日時:平成25年4月21日 午前11時13分
北緯:43°12′16.6″ 東経:144°03′50.0″ (GPS誤差:5m)
高度:123m  気圧:999.45hPa  天候:曇  風の強さ:弱

火薬庫

ベルツナイ川の右岸に火薬庫が残っている。雷管庫から少し離れた場所にあり、周囲は盛土されている。ベルツナイ川の増水時に渡るのは危険。

<GPS座標及び高度等> 測定日時:平成25年4月21日 午前11時20分
北緯:43°12′17.0″ 東経:144°03′52.4″ (GPS誤差:4m)
高度:122m  気圧:999.28hPa  天候:曇  風の強さ:中

火薬庫の排水管?

ベルツナイ川の右岸に火薬庫の排水管?と思われるものがある。

シェアする

フォローする