生活一覧

『和泉』ってなんて読みますか

炭鉱には詰所というものがあります。 会社の敷地内に社員の住宅(炭鉱住宅)が建ち一定のブロックごとに住民の面倒をみる会社の出張所が「詰所」と呼ばれてます。他の炭鉱では世話所と読んでいる炭鉱もあります。 その詰所の一つに1区詰所がありました。所員の一人に「和泉さん」がおりました。

テンヤワンヤのお笑いバレー試合

40年以上前のことですが行事で9人制バレーをしたことがあります。 メンバーを集める世話役が技術2課の金沢さんでしたから職場対抗ではなく地域対抗だったのではないかと思います。6区と山手の7チームでのバレー大会だったのでしょう。

炭砿住宅(炭住)について

世間一般の社宅は「福利厚生」の性格ですが、石炭企業や鉱山会社の社宅は福利厚生以外の性格を持っております(もともと同一の会社だったものが、戦後に石炭とそれ以外の会社に分割された会社が多く、三菱や住友など財閥解体により分離したものです)。

雄別炭礦の閉山の真相

雄別炭礦は昭和45年(1970年)2月28日に閉山した。 この閉山事情は今もって語られることは少ない。通常企業がなくなる場合、その多くは経営がなりたたなく「倒産」することが多い。いろいろな本にも倒産により閉山と書かれているものがみられる。

NO IMAGE

冬の思い出

当時住んでいた真澄町の自宅前からスキーを履いて真澄町駅へ出て、線路伝いに中間駅を過ぎてしばらく行った左側の山の斜面が特設のスキー場(?)になっており、よく通ったものです。