生活一覧

雄別でのアルコール事情

雄別商事の売店で販売していた日本酒は種類が少なく「北の誉」と「福司」だけだったような記憶があります。当時は今のような純米・吟醸といった区分ではなく、特級・一級・二級という区分でした。もちろん購入していたのは二級でしたよ。

当時の若者は・・・

当時はどの会社も週休1日でした。営業や官庁は土用半ドンでしたが、工場や「炭砿」は土曜日も通常どうりでした。連休になるのは年に2回。そうです、年末年始とお盆でした。

1区本町社宅

水道は屋外に3ヵ所共同で使用。各ヵ所の水道栓の開閉用かぎ(三角穴レバー)を冬凍結防止の為、毎日当番で夜に外し、朝に取り付けた。寒さが厳しくてシバレル(凍結)すると、熱湯をかけて解凍したね。

上長屋取り壊し

採炭現場の機械化に伴い、坑外に整備工場が出来るため、10棟の本町上長屋の取り壊しが決まり、布伏内社宅移住後に引越し先(勤務年数・家族数によって部屋構成6.6 6.8等)を選ぶ事ができた。

7.雄別の生活:理髪店

ある時、雄別(布伏内含む)の理髪店主全員が、会社に値上げ申請に来ました。私はそれを知り「散髪料金まで会社が決めているなんて」と、びっくりしました。炭砿って普通の会社とは違うものだと思ったのです。

5.布伏内の理髪店

「布伏内の理髪店」の前に、三区西村理髪店の西村サンとは面識が有り、良く憶えています。工作所に勤めていた時、私の先山(H氏)の友人で何度か現場に来られていました。またその頃、車(コロナ)を持っていたのも憶えています。当時は免許を取るのも大変時。