終戦一覧

NO IMAGE

敗戦直後の雄別

ふりだしの阿寒近くの生地の雄別炭山に戻る。ここにも、ぽつぽつと社員たちが戦地から戻ってきた。昔なじみの人たちは「よかったですね、たいへんでしたね」とお互いの無事を大そうによろこびあった。だれにも敗戦の無念さはなかった。戦争は勝つか負けるかでない。生きられるかどうかだけである。

9.戦時中の尺別

僅か3ヵ月に空襲警報が何度かあり、根室本線尺別駅近くの製塩工場・音別(駅)寄りの防空施設(電探 高射砲)・尺炭線走行中のSL等、グラマン機上艦載機の機銃攻撃を受けた。